CLOAK クローク レディースセレクトショップ | 香川県高松市

  • top
  • about
  • brand
  • access
  • blog
  • contact
  • online shop

FOLLOW US


CLOAK facebook CLOAK instagram

about CLOAK

G.H.BASS ローファー



昨年も大変ご好評をいただきましたG.H.BASS(ジー・エイチ・バス)のローファーが今年も入荷しました。


『G.H.BASS』は世界で初めてローファーを作った、いわばローファーの生みの親!


かのマイケル・ジャクソン氏がここのローファーを愛用していたというのはあまりにも有名な話です。







靴ひもがなく着脱が楽にできることからいつしか「ローファー」(=“怠け者”の意)と呼ばれるようになったそうです。


アイビーファッションに身を包んだアメリカの名門大学生たちがこぞって履いたことによって、今ではトラッドスタイルの足元を飾る代名詞的存在となりました。







ホワイトとブラックカラーのコンビが目を引くコインローファー。


モード感漂う新鮮な印象に。







¥20,000+tax


サイズは、5(約22.5cm), 5.5(約23.0cm) , 6(約23.5cm) , 6.5(約24.0cm) , 7(約24.5cm) の5サイズ展開です。







HI SHINE LEATHERを採用しており、しっとりとした艶を放つのが魅力。


また、見た目の美しさだけでなく雨風や汚れに非常に強いのもメリットで、手入れが楽なのも嬉しいポイントです。







アッパーとアウトソールを直接縫い付けるマッケイ製法で、足を包み込むような履き心地を実現。







土踏まず部分はクッション性があり、とても快適な履き心地・・


さらに履き込むほどに馴染み、ご自身の一足をお楽しみいただけます。







靴べら付きなのも嬉しいですね。


140年の歴史をもつ老舗ブランドだからこその高い製靴技術と、そのクオリティに反して控えめに設定された良心的な価格もG.H.BASSの人気を支えている大きな理由。







ちなみにコインローファーの語源は、かつてアイビーリーガーたちがサドル部分に1セント硬貨(つまり、コイン)を差し込んでおしゃれを楽しんでいたことに起因すると言われています。


IVYのアイコン的存在であるローファーですが、どんなスタイルにもマッチするのがローファーの魅力。


みなさまそれぞれのスタイリングで、永くご愛用いただきたい一足です。


Needles ブラウス ¥19,000+tax
TELA パンツ ¥26,000+tax
Pantherella ソックス ¥2,600+tax



2020.09.30

G.H.BASS ローファー



IVYのアイコン的存在であるローファー。


ビシッとチノパンに紺ブレといった王道スタイルでキメるのも素敵ですが、どんなスタイルにもマッチするのがローファーの魅力。





本日は、G.H.BASSのローファー〈WEEJUNS PENNY LOAFER〉をご紹介します。


ホワイトとブラックカラーのコンビが目を引くコインローファー。


トラッドなスタイルの中にモード感漂う新鮮な印象に。







今ではすっかり革靴の定番として定着しているローファー。


G.H.BASSは世界で初めてローファーを作ったアメリカの老舗シューズブランドとしても有名です。


履き口が広く、紐もなく、着脱が簡単なことから、怠け者という意味で〈ローファー〉と呼ばれた靴は、瞬く間に注目を浴び、マイケル・ジャクソンが愛用したことでも知られています。







G.H.BASS ローファー ¥20,000+tax


カラーは、Black × White のコンビ


サイズは、5(約22.5cm), 5.5(約23.0cm) , 6(約23.5cm) , 6.5(約24.0cm) , 7(約24.5cm) の5サイズ展開です。







HI SHINE LEATHERを採用しており、しっとりとした艶を放つのが魅力。


また、見た目の美しさだけでなく雨風や汚れに非常に強いのもメリットで、手入れが楽なのも嬉しいポイントです。







土踏まず部分はクッション性があり、とても快適な履き心地に。


さらに履き込むほどに馴染み、ご自身の一足をお楽しみいただけます。







靴べら付き。


海外製の靴が年々高騰している昨今の状況において、リーズナブルさもG.H.BASSの人気を支えている大きな理由。


だからと言ってコストを落としてシューズの品質を落とすことはなく、低価格ながらも耐久性に優れた上質なレザーを使用し、熟練のクラフトマンシップで“本物”の革靴を作り続けています。







流行りすたりがなく、その時代ごとにあるトレンドにもすんなりとマッチし、さまざまなコーディネートに無理なくハマってくれます。


上のようなコーディネートの場合、靴はブラックで合わせがちですが、あえてコンビのローファーを持ってくることで「外し」を効果的にねらうことができ、簡単にこれだけでおしゃれ度がアップするのでオススメです。


Shu jeans デニム ¥20,800+tax
Pantherella ソックス ¥2,600+tax
A PUPIL ブラウス 私物



2019.09.01

Category

Archive